slackでビデオ会議の背景は変更できない!背景のアイデア5選!

生活
スポンサーリンク

こんにちは!

ビデオ会議の背景から、他の人の自宅の中を見せてもらうのが好きなたこです。

 

自宅でビデオ会議ができるのはいいけど、背景に部屋の中が映ってしまうのは困るときってありますよね。

 

できれば、散らかっている部屋が映りこまないようにしたい!とか。

 

ZOOMやSkypeではビデオ会議の背景の画像を変更することできます。

ですので、Slackでもできるのでは?と思っている方は多いかもしれません。

 

結論を言うと、Slackのビデオ会議の背景は変更できません。(2020年4月14日時点)

 

ビデオ会議では、背景から話す相手にいい印象を与えることができ、さらにはチームのよい雰囲気が作れるようになります。

今回の記事では、slackでビデオ会議の背景のアイデアをご紹介します。

slackでビデオ会議の背景は変更できない!

slackでビデオ会議の背景は変更できないことに納得いかない人もいらっしゃるでしょう。

たこ
たこ
私が納得できなくて、Slackのヘルプデスクに問い合わせしてみました!

Slack ビデオ会議 背景

「残念ながら、現状ではビデオ通話の背景を変える機能はない状況となっております」と、返答をいただきました。

たこ
たこ
背景を変えられたら、楽しいと思ってたのですが・・・

 

ですが、「ただ、変えられるとより楽しく通話できると思いますので、こちらは要望として製品チームに展開させていただきますね!」と、対応していただきました!

 

2020年4月14日現在は、背景を変更できませんが、近い未来に背景を変えることができるかもしれません。

slackのビデオ会議を楽しくする背景アイデア5選

slackのビデオ会議の背景は変更できないのであれば、自分で背景を作ってしまおう!と考えました。

 

この章では、

  • ウォールステッカー
  • タペストリー
  • カーテン
  • ロールスクリーン
  • パーティション

 

以上、私が考えた背景5選をご紹介していきます。

ウォールステッカー:コストがかからない

 

壁や天井を傷つけずに、貼るだけでよいのがいいですよね。

貼ってはがせるタイプなら、背景になる壁に日替わりで交換するのもいいです。

100均でも販売されているので、コストをかけずに背景の変更を楽しめます。

 

たこ
たこ
キャラクターものだと、子供の年齢が近い人と話が盛り上がりそう。

タペストリー:コストもかからず、背景だけでなく目隠しとして使える

代用品として、風呂敷やのれん、多目的布でも背景にすることができます。

こちらも、ウォールステッカーと同じく100均でも販売されているので、コスパは良いですね。

風呂敷や多目的布であれば、ビデオ会議のカメラにどうしても映り込んでしまう物を目隠しとして覆ってしまうことも可能です

カーテン:すでにあるカーテンをバックにしても背景として使える

 

どんな部屋にもカーテンはあるかと思います。

カーテンの前にPCを置いて、WEBカメラを用意すればカーテンが背景になってくれます。

ただ、レースのカーテンなど遮光性のないカーテンだと逆行になってしまい、会議のメンバーから見えにくくなってしまうので注意が必要です。

ロールスクリーン:使わないときは邪魔にならないので便利!

ロールスクリーンの取り付けには、工事が必要だったり場所によっては取り付けができないことがあります。

 

ですが、コンパクトに収まるので、使用していないときは邪魔になりません。

 

設置場所によっては、部屋と部屋を分ける役割をしてくれます。

 

自宅で仕事をするときは、ほかの家族もいるリビングでしかできないという場合でもロールスクリーンがあると空間を仕切れるというメリットもあります。

パーティション:仕事と生活スペースの仕切りにもなる

パーティションはビデオ会議の背景として使えるだけでなく、仕事場の空間を作る役割もしてくれます。

 

パーティションというと、会議室にある真っ白な壁をイメージしませんか?

 

しかし、パーティションはたくさん種類があり、価格も1万円以下で買えるものもあります。

 

おすすめは、

 

  • ホワイトボードのパーティション
  • DIYで作るパーティション

 

です。

 

ホワイトボードのパーティションはビデオ会議でメモを取って使えたり、発言するときに使えますよね。

DIYで作るパーティションは家のサイズに合わせて作成でき、しかもコストも抑えられるのでおすすめです。

まとめ

今回の記事では、slackでビデオ会議の背景のアイデアをご紹介してきました。

 

Slackのビデオ会議の背景は変更できない。(2020年4月14日時点)
という結論になりました。
しかし、背景画像は変えられなくてもWEBカメラに映る背景はアイデア次第で変えることが可能です。
コストをかけずにできるものから、今後も在宅勤務で役立つアイテムを検討されてみてはいかがでしょうか?
ビデオ会議のメンバーとのコミュニケーションを楽しむためにも、ぜひ背景の変更を試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました